読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poor man's nRF51822 development environment 2 of 2

Eclipseデバッグ

前回GNU Tools for ARM Embedded Processorsでビルド環境を立ち上げる方法を説明しましたが、今回はEclipseデバッグ環境を立ち上げる方法を説明します。

Eclipseのセットアップ

Eclipse IDE for C/C++ Developers

Eclipse IDE for C/C++ Developersをダウンロードしてインストールします。
私はeclipse-cpp-juno-SR2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gzを使いました。

CDT Main featuresとGDB Hardware Debugging

Help→Install New Softwareを選択して、Work with:欄にhttp://download.eclipse.org/tools/cdt/releases/junoを入力します。

CDT Main featuresとCDT Optional Featuresの下の C/C++ GDB Hardware Debuggingをインストールします。

embsysregview

Help→Install New Softwareを選択して、Work with:欄にhttp://embsysregview.sourceforge.net/updateを入力します。

embsysregviewをインストールします。

register view file

nrf51.xmleclipse/plugins/org.eclipse.cdt.embsysregview_0.2.3/data/cortex-m0/Nordicディレクトリにコピーします。

J-Link softwareのインストール

J-Link software & documentation pack for MACをインストールします。
私はJLink_MacOSX_V478k.pkgを使いました。

/Applications/SEGGER/JLinkにパスを張ります。

デバッグを行うにはJLinkGDBServerを立ち上げておく必要があります。

インターフェースはSWDを用いるので、その指定を行います。

% JLinkGDBServer -if SWD

プロジェクトのインポート

File → Import からExisting Code as Makefile Projectを選択して、

f:id:ytakeuch:20131222163726p:plain

プロジェクト名を入力し、Makefileのある場所nrf51_sdk_v5_0_0_34603/nrf51822/Board/nrf6310/blinky_example/gccを選択します。

f:id:ytakeuch:20131222164015p:plain

デバッガの設定

Run → Debug Configurationを選択します。

GDB Hardware Debuggingで右ボタンを押してNewを選択します。

バイナリファイルのある場所を選択します。

f:id:ytakeuch:20131222164316p:plain

Debuggerタブを選択します。GDBコマンドをarm-none-eabi-gdbに変更します。また、Remote Target boxのポート番号を2331に変更します。

f:id:ytakeuch:20131222164454p:plain

Startupタブを選択します。Initialization Commandboxに

mon speed 10000
mon endian little
mon flash download=1
mon flash device=NRF51822
mon reset 0

を入力します。

次にSet breakpoint at欄にmainを入力し、Resumeをチェックします。

Debugをクリックするとデバッグ実行が開始されます。

f:id:ytakeuch:20131222164849p:plain