NURO光 G2Vプラン 工事失敗(パークシティ大宮ビューコート)

居住しているマンションでNURO 光 マンションタイプを募集していたのですが、いくら経っても開通しないのでNURO 光 G2Vプランを申し込んでみました。
NURO 光のサイトではNURO 光 提供サイトになっていたので...

f:id:ytakeuch:20190313220258p:plain
NURO 光 パークシティ大宮ビューコート

工事の人に来てもらいましたが、電話線が配管を通してMDF/IDFを通っておらず(コンクリで埋められてますw)、工事不可ということでお引取り願いました。

というわけで、パークシティ大宮ビューコートは(現在のところ)NURO 光 未対応です。

20年近く前にBフレッツを導入する時に判っていたのですが、電話線が通っているコンクリをはつらないといけないですね。
10年次の大規模改修で行っておく事案でした。

Cloudflareへ移行 + はてなブログで不具合(解決済)

DNSサービスをCloudflareへ移行したのですが、はてなブログで不具合が発生しました。
はてなブログのURLを http://blog.logicdesign.jp/ にしていたのですが、http://blog.logicdesign.jp/ にアクセスすると http://ytakeuch.hatenablog.com/ にリダイレクトされてしまいます。

原因は http://blog.logicdesign.jp/ へのアクセスをCloudflareのHTTP proxy経由しているためでした。

f:id:ytakeuch:20190305235541p:plain

f:id:ytakeuch:20190305235622p:plain

としたら治りました。

はてなブログHTTPSで配信するように移行しました。

Cubietruckを動かしてみた

世間ではIntelGalileoボードが流行っているようです。秋月でも扱っています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07347/
x86アーキテクチャであること以外にメリットを感じなかったので千石電商の2FでCubietruck(Cubieboard3)を購入しました。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4FBA
Cortex-A7 Dual-Core 1GHzで主記憶2GiBでそこそこのスペックです。

2.5inchのHDD or SSDを搭載できるようになっています。
f:id:ytakeuch:20140201200204j:plain

NAND FlashAndroid 4.4がプリインストールされていてすぐに動きます。

f:id:ytakeuch:20140201195418j:plain

f:id:ytakeuch:20140201195925j:plain

f:id:ytakeuch:20140201195842j:plain

とりあえずの動作確認だけ行いました。

Device Hackathonに参加しました。

NTTドコモベンチャーズ主催のDevice Hackathonに参加しました。

メガネ型デバイスだけじゃない!色々な面白デバイスを使ってアプリを作ろう!【Device Hackathon】 on everevo

とりあえずプレゼン資料貼っておきます。

BLE fortune from Yoji TAKEUCHI on Vimeo.

BLE Twister from Yoji TAKEUCHI on Vimeo.

poor man's nRF51822 development environment 2 of 2

Eclipseデバッグ

前回GNU Tools for ARM Embedded Processorsでビルド環境を立ち上げる方法を説明しましたが、今回はEclipseデバッグ環境を立ち上げる方法を説明します。

Eclipseのセットアップ

Eclipse IDE for C/C++ Developers

Eclipse IDE for C/C++ Developersをダウンロードしてインストールします。
私はeclipse-cpp-juno-SR2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gzを使いました。

CDT Main featuresとGDB Hardware Debugging

Help→Install New Softwareを選択して、Work with:欄にhttp://download.eclipse.org/tools/cdt/releases/junoを入力します。

CDT Main featuresとCDT Optional Featuresの下の C/C++ GDB Hardware Debuggingをインストールします。

embsysregview

Help→Install New Softwareを選択して、Work with:欄にhttp://embsysregview.sourceforge.net/updateを入力します。

embsysregviewをインストールします。

register view file

nrf51.xmleclipse/plugins/org.eclipse.cdt.embsysregview_0.2.3/data/cortex-m0/Nordicディレクトリにコピーします。

J-Link softwareのインストール

J-Link software & documentation pack for MACをインストールします。
私はJLink_MacOSX_V478k.pkgを使いました。

/Applications/SEGGER/JLinkにパスを張ります。

デバッグを行うにはJLinkGDBServerを立ち上げておく必要があります。

インターフェースはSWDを用いるので、その指定を行います。

% JLinkGDBServer -if SWD

プロジェクトのインポート

File → Import からExisting Code as Makefile Projectを選択して、

f:id:ytakeuch:20131222163726p:plain

プロジェクト名を入力し、Makefileのある場所nrf51_sdk_v5_0_0_34603/nrf51822/Board/nrf6310/blinky_example/gccを選択します。

f:id:ytakeuch:20131222164015p:plain

デバッガの設定

Run → Debug Configurationを選択します。

GDB Hardware Debuggingで右ボタンを押してNewを選択します。

バイナリファイルのある場所を選択します。

f:id:ytakeuch:20131222164316p:plain

Debuggerタブを選択します。GDBコマンドをarm-none-eabi-gdbに変更します。また、Remote Target boxのポート番号を2331に変更します。

f:id:ytakeuch:20131222164454p:plain

Startupタブを選択します。Initialization Commandboxに

mon speed 10000
mon endian little
mon flash download=1
mon flash device=NRF51822
mon reset 0

を入力します。

次にSet breakpoint at欄にmainを入力し、Resumeをチェックします。

Debugをクリックするとデバッグ実行が開始されます。

f:id:ytakeuch:20131222164849p:plain